住宅・工場の解体は豊島区でサービスを提供する【トライベッカ】にお任せ~アスベストの危険性とは~

住宅・工場の解体は豊島区にある【トライベッカ】まで!

住宅・工場の解体は豊島区にある【トライベッカ】まで!

住宅工場解体豊島区でお考えでしたら、【トライベッカ】へご相談ください。【トライベッカ】は不動産会社が母体となっており、解体工事に関しても豊富な知識・経験を有しております。また、解体だけでなく、解体後の残置物撤去や不用品の回収も対応が可能です。

お見積もりは無料ですので、お気軽にお問い合わせください。【トライベッカ】は近隣へのご挨拶をはじめ、アフターフォローも親切丁寧を心がけております。満足して頂けるサービスを提供しますので、是非ご利用ください。

アスベストの危険性~含有の可能性がある建物の解体は注意が必要~

アスベストの危険性~含有の可能性がある建物の解体は注意が必要~

アスベストは、石綿と呼ばれる無機繊維状鉱物で、耐久・耐熱・耐薬品・電気絶縁などの性質を持つことから、建材として活用されてきました。アスベストは目に見えないくらい微細で軽く、飛散しやすい特性があるため、知らず知らずのうちに呼吸とともに吸い込んでしまうといったことがあります。

吸引したアスベストは分解されることなく肺に残り続けることで、悪性中皮腫や肺がんなどを発症してしまう危険性があるといわれています。それらの病気を引き起こすおそれがあると発覚して以降は、アスベストの使用は禁止されました。建物にアスベストが含まれているかどうかは、築年数と建物の材質によってある程度判断が出来ます。規制は昭和50年から徐々に強まり、平成18年にはアスベストの含有量が重量の0.1%を越えるものの製造、輸入、譲渡、提供、使用が禁止となりました。したがって、平成18年以前に建てられた建物はアスベストが含まれている可能性があり、注意が必要です。

アスベスト含有の建物での生活は、普通に生活する分には飛散の心配は少ないといわれています。しかし、建物解体時にはアスベストが大量に飛散する危険性があります。そうなった場合、解体工事を行なう作業員はもちろん、周辺住民の吸引リスクが高まります。だからこそ、アスベスト含有の可能性がある建物の解体は、適切な処理が行なえる業者に依頼することが大切です。

豊島区にある【トライベッカ】では、アスベスト含有の建物の解体にも対応しております。豊島区を中心に、東京・埼玉エリアで解体をお考えでしたら、一度ご相談ください。

豊島区で不用品回収を承る【トライベッカ】のコラム

豊島区で解体工事をお考えなら【トライベッカ】へ

社名 株式会社トライベッカ
本社所在地 〒170-0013 東京都豊島区東池袋5-7-5
TEL 03-5956-9877
FAX 03-5956-9878
URL http://tribeca-eco.com